動物看護師 専門学校

動物看護師(看護士)とは

動物看護師

 

動物看護師とはペットビジネスに求められるライセンスです。 

 

動物看護師って看護師さんのような資格?

 

その名前からそう感じてしまう方も多いことでしょう。答から言うと正しくはありません。
なぜなら看護師さんの現場は病院ですが、動物看護士の場合は、動物病院とは限らないからです。

 

動物看護士は、ペットをリラックスさせる環境づくりやトレーニング、グルーミングなどの基礎を学び、総合的な動物に関する知識とスキルの習得を目指しています。

 

そして、これらの知識やスキルは、ペットに関するプロならどんな人でも持っておきたいものなのです。

 

厳しく言えば動物看護師のライセンスを持ってはじめてペットのプロと言えるでしょう。

 

トリマーの資格を取る方にもおススメです (^o^)/

動物看護師(看護士)の通信教育-人気ナンバー3

動物看護師の無料資料請求です。

 

※スクールによって、動物看護士や動物介護士と表現する場合があります。

 

資料は全て無料です!

 

各学校ごとにそれぞれ特長があります。資料請求の記入は、1分程度ですみます。それぞれの資料を見比べてみてみましょう。

 

ヒューマンアカデミーの特徴

本講座の教材は、業界の最先端の内容を盛り込んでいるので、確実にペットの業界を肌で感じながら実践力を養えます。

カリキュラムは、動物看護学の知識やノウハウが短期間で修得でき、あらゆるペット関連ビジネスで即戦力として活躍できる力が身につくように組まれています。

また、この講座は一般社団法人日本ペット技能検定協会認定の講座なので、規定の課程を全て修了すると、独立開業・就職の心強い味方となる「小動物看護師」の資格が取得できます。

ケンネルカレッジの特徴

「動物看護師」は、動物病院の看護師や獣医師の助手としてはもちろんのこと、ペットビジネスにおける非常に多くの業種に必要とされる資格。

人とペットがいる限り必ず必要となっていくペットの健康を支えるプロフェッショナルを育成します。

専門学校の通信講座だから安心!

おどろきのスクーリングサポート体制教育カリキュラムとフォロー体制

8つの教育施設・団体・機構

最高の講師陣がフルサポート!

がくぶんの特徴

愛犬・愛猫が元気で暮らすために欠かせない看護師。

大事なペットをケアするためには、健康管理、しつけ、グルーミングなど幅広い知識と技能が必要です。


ペット看護師の知識と技能を習得すれば、ご家庭ではもちろん、動物病院・ペットショップなどペット業界への就業や、独立する際に大変役立ちます。

 

動物看護師になるには

すべてのペット業界に広がる活躍の場。

 

動物看護士のライセンスは、そこにペットがいる限り必要になります。なぜならどのペットに対しても健康を最優先しなければならないからです。
たとえばペットショップ。そこで販売する犬や猫を病気や不健康な状態にするわけにはいきません。

 

繁殖のスペシャリストであるブリーダーにおいても同様です。出産を担う母体はもちろん、誕生する赤ちゃんの健康を守らないとブリーダーのビジネスは成立しません。同じことはペットの美容と健康のアドバイザーであるトリマーにも言えるでしょう。つまり動物看護士のライセンスはすべてのペット業界で必要不可欠なのです。

 

活躍が期待される職種や取得資格について

 

主な活躍の場
動物病院、動物園、ペットショップ、動物関連企業、ペットアドバイザー他

 

取得可能資格
・JCSA 認定「動物看護師」
・JCSA 認定「動物看護師」インストラクターA・B・C 級
・◎「愛犬飼育管理士」※(社)ジャパンケネルクラブ
・◎「優良家庭犬」GCT 受験合格者※優良家庭犬普及協会
受講者には◎印の団体から1 つを選択し、合格対策公式テキストを無料贈呈しています。
動物介護士の資格はこちら
※愛犬飼育管理士、優良家庭犬はいずれかを取得すれば動物取扱責任者登録が可能。
※JCSA とは一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会
※日本ケンネルカレッジでは上記の団体を推奨しています。

 

 

動物看護師 専門学校